2015年7月27日 (月)

夏の里山、わらしのわらしべ〜

今日は第二回目のキッズクラブでした。
4家族14人、スタッフ6名がまほろばの里に集まりました。
森のお姉さん15号みよっしーのレポートよりvirgo

ーーーーーーーーー

『キッズクラブ』に初参加しました!
元気一杯の子どもたち!
性別、年齢も様々な7名(^^)
かわいかった!sun
11805659_865968366816574_1255930979 11805954_865968420149902_932467482_

山へわらしべ(麦の藁)を持って交換できるものを見つけに…。

宝物が多くて、袋いっぱい、虫入れカップには虫やカエルが次々と仲間入り…!
暑さもすっかり忘れて、みんなで楽しみました!

見つけたときの子どもたちの声がたくさん聴かれました(*^^*)
山は涼しくて、子どもたちの足取りも速い速い!虫や木の実を見つけるのも素早い!
カブトムシ、クワガタの頭やヒキガエルを見つけた時は喜びが大きかった~!coldsweats01
楽しかったね(^^)

11787347_865968463483231_670836341_

2014年12月 5日 (金)

里山収納アドバイザー近藤盛子先生と、里山ハンガー作り〜

11月30日(日)sun

年内最後のキッズクラブは、9組の家族が参加しました。

今回のゲストティーチャーは、里山収納アドバイザー、コンモリこと近藤盛子先生で〜す。

里山のトキメク材料を集めて、里山アートを作り、里山をもっとトキメク空間に。

トキメクかトキメかないかは必ず触って触れて感じてとのことでした。

里山アートづくり自体がトキメかない参加者には、お土産工作へ一足飛びして里山ハンガーづくり。こちらも持ち帰るので、必ず触って、トキメク木を見つけます。

そのトキメク木だけを伐採して、採材し、里山ハンガーの材料に。

トキメクハンガーでトキメキの収納。

10339730_859032904149491_6675927370 10403411_859032990816149_8170482731 Bpgylczq7zxtekuu8llaelqomb8qewrxjm Nav3cgqbvejypwxua8ljgypv05vytwu7iq

蝶野治虫さんと、虫とリ大会〜パフッ!

9月28日(日)

今日は里山蟲マニア、というか蟲オタクの蝶野治虫(ちょうのおさむ)さんをお迎えしました。

お出かけ先での、急な虫との遭遇!虫を見つけたら、ムシしないで〜

でも、虫とり網なんて持ってない…。

そんな時も大丈夫。 網なしで採れる虫とりグッズを作り、試してみましょう。

虫取りに行くのがめんどくさーい…。

そんなモノグサな貴方も大丈夫。 行くのがメンドウなら、あちらから来てもらいましょう。 虫が集まる“虫虫マンション”を作って、自宅に居ても快適楽チンに虫がとれる、「六本足ヒルズ」のご紹介。

風呂敷やペットボトルを使い、いろんなトラップを作りました。

Cimg0614 Cimg0619 Cimg0646 Cimg0621 Cimg0636

泡谷玉子(たまこ)先生と、「里山シャボン玉ホリデー!」

7月27日(日)

今日のゲストティーチャーは、里山シャボン玉クリエーターの泡谷玉子(たまこ)先生。

通称バブリー玉子先生です〜。

先生秘伝のレシピで、特製の割れにくいシャボン玉液を作った後、
天然のストローを探して里山を徘徊し、シャボン玉を飛ばしました。
見つかった天然のストローは、右から(黒いのはプラスチック)
●麦わら
●キリ
●イタドリ
●ウツギ
●ササ

次のストローが見つかるまでの時間が間のびし、手持ちぶさたで、シャボン玉液をふりまくる子どもたち〜
10477384_790097511043031_14382603_2 10523286_755764887835735_8536264776

草竹流師範、竹多草運先生と里山書道を楽しもう!

好天に恵まれ、少し蒸し暑い一日でした。
2週間前の急な告知にも関わらず、何と、50人近いご参加がありました。

<タイムテーブル(午前の部)>

9時半/スタッフ集合、準備と窯の火入れ
10時/キッズクラブ受付、
「森のお兄さん1号と、里山書道を楽しもう!」スタート
10時半/開始
細い竹を鋸でカット。
先だけをお湯に浸け、トンカチで叩いて柔らかくほぐし筆を作ります。
野草を摘みに行き、すり鉢とすりこぎでつぶして液を作ります。
ピンクやみどり、草の種類によっていろんなインクができます。
半紙に思い思いの文字を描いてくれました。
虫大好きな男の子たちは、すっかり仲良し。
12時半/ふり返り

10314498_460741107393445_5225221819 10320374_460740857393470_565426906910389675_460741990726690_5399108112 10303297_460740664060156_176778013310306173_460740717393484_1233170768
1959278_460742364059986_23035413048 10338806_460746174059605_323715213310251933_460744904059732_4805945064

2014年度比良里山キッズクラブ始まります!

お待たせしました!今年も比良里山キッズクラブ始まります!

2014年5月25日(日)
午前10時~12時半 キッズクラブ体験会(新規、更新合同)
参加費無料
9時半受付/準備  比良まほろばの里窯場集合、森のお兄さん1号と、里山書道を楽しもう!
★ランチタイム以降は自由行動

◎当日、入会手続きもできます。(年会費1000円/家族)
後日お申し込みの場合は銀行口座振り込みでお願いします。
*ピザパーティに参加の方は参加費が必要です。(200円/人)
*申し込み方法:5月20日(火)までに、HPのお問い合わせフォームにメール送信。
*今年度キッズクラブの活動は、7月9月11月1月3月の第2日曜日を予定しております。(変更の場合はお知らせがあります)
*昨年よりブログの記事や写真記録をご父兄にお願いしております。ご協力のほどよろしくお願い致します。

2014年9月28日 (日)

3、5、7月の活動は、Facebookをご覧下さい!

https://www.facebook.com/hirasatoyama?fref=ts

2014年1月15日 (水)

1月のイベント・里山を歩きながら、野生生物の足あとさがし探検隊

1月12日、今年最初のキッズクラブのイベントが行われました。
先日来の雪で、まほろばの里は銀世界。
今回も元気なこどもたちが大集合です。

10_2

今回のテーマは「動物たちのメッセージをさがせ!」。
森のお兄さんをリーダーに、雪の上にのこった動物たちの足跡をさがしていきます。

2_3


 「この足あとはなんだ?」
 「タヌキかな?」
 「こっちはひづめがあるぞ!?」
 「ここは、いろんな足跡がいろんな方向に あって、交差点みたい」

 などなど、いろんな発見が。
 大人の足で普通に歩いたら、おそらく5分くらいでまわれてしまう雑木林の中も、こどもたちにかかれば、発見と探検に満ちたワンダーランドです。


 











3_3


なんと!カラスにやられたと思われるタヌキの痕跡も発見!
 こどもたちは初めて見るタヌキの歯に興味津々でした。

 このほかにも、カメムシが冬眠している木や、巨大なイノシシのフンなど、いろんな発見に歓声があがります。







4_4


 こちらは今日の学習ポイント?の「フォックスウォーク」。

 キツネが足音をたてずに獲物にしのびよるように、森の中を静かに、ゆっくり歩く練習です。つまさきから、そーっと足をおろし、そろりそろり・・・
でも、雪の上だとどうしても足音がたってしまい、なかなか難しい・・・(汗)。


 














6_3


森の中を歩いていると、青く染まった雪を発見!木になっていたヒサカキの実をこどもたち
も1粒ずつわけてもらい、即席のお絵かき会も楽しみました。
ヒサカキの実の即席インクは、まるで冬の琵琶湖のような、深い青!
こんなきれいな色が出るなんて、全然知りませんでした。

この日みつかった足跡は、イノシシ、シカ、タヌキ、正体不明の小動物、犬、そして人!の6種類。
雪にはしゃぎ、走り回るこどもたちのにぎやかな歓声に、いつしか寒さも忘れ、大人たちも童心にかえった一日でした。

スタッフのみなさん、ありがとうございました。

2014年1月 6日 (月)

2013年11月10日森の散策と、元気玉づくり

今日は雨の中、キッズクラブのみんなはレインコートを着て長靴をはいて

森の中を歩きながら、木の赤ちゃんをさがしたり、ひとり一人のいいもの見つけをしました。

11kids1

出発前から、森のお兄さんから素敵な投げかけが続出。

11kids2 シカよけフェンスについた滴をのぞいてみると、あら不思議、山の木が逆さまに見えるぞ〜
11kids4

雨のしずくをつけた松葉を見て「まつ毛みたい〜」と言うふうちゃん。

11kids3

栗のイガを「クリの卵〜」と、大事そうに持つまなちゃん。

葉っぱに雨粒をのせて、そっとお隣りさんに渡すリレー。

11kids5

子どもたちのピュアなセンスと出会えた至福の時間。

もみ殻の山にダイブするのが楽しくてしょうがない、こうくん。(^^;

11kids6 11kids7 11kids8

お母さんたちも一緒に、木の赤ちゃんをさがしました。

どんぐりの実クイズ〜upwardright

さて、どこから芽が出て、どこから根が出る?皆さんはわかりますか?bud

クラブハウスにもどって、いよいよ元気玉づくりです。

ケト土をお団子状に固めて、木の赤ちゃんをやさしく包みます。

回りに苔を付ければ完成です。ok

今日も楽しく活動ができました!happy01

2013年9月 4日 (水)

カブトムシの砦づくり

9月1日(日)大気の状態が不安定な朝。雷注意報もよそに、まほろばの里に元気なファミリーが集まった。

森のお兄さん1号、鉄板ネタ「ハチの回避術講座」。
今日は小さいフィギュアが登場し、少々迫力に欠けたか…
20130901_095554
先ずは、みんなで砦の壁に使う灌木集め。
その数、実に92本!のこぎりで適当な長さにカット。
20130901_103924
3本のロープに立てかけていく作業。
子どもたちは体と頭を使い、心を動かす。
どんどん壁が築かれていく。
完成!
そこで、待ちに待った水鉄砲バトルの準備。
みんなで川の水を運んで、大きなタライやバケツに入れる。
お次は作戦会議。
この間に森のお兄さんは、忍者衣装に着替える。。。
いよいよ、対戦だ!
キッズチームとスタッフチーム。
身体に巻き付けたトイレットペーパーが、濡れ落ちたらアウト!
秘密基地のペーパーを守れ!
対戦相手は、女子大生と昔の女子大生と忍者もどき。
子どもといえども、容赦ない。
忍者が水風船爆弾を放つ。
「ギャ〜」悲鳴が歓声に変化する。
昔の女子大生が、一番に撃沈。
そして忍者、最後まで残ったのは現役女子大生。
(さすが!)
20130901_114546 20130901_114458 20130901_114950 20130901_115056
長くてハードな10分間。
キッズチームの勝利で幕を下ろした。
言うまでもなく、全員ビショビショ。
だけど、みんな笑っていたね。
The end.

«7月のイベント・里山に誕生、秘密基地!